AGA治療と費用

MENU
 

AGAを改善する方法と費用

AGAは「Androgenetic alopecia」の略語です。
Andoro=アンドロゲン(男性ホルモン)
genetic=遺伝
alopecia=脱毛
つまり「遺伝と男性ホルモンによって生じる脱毛症」という意味になります。

AGAは治ると言われているけれど、どんな治療をするのか、どれくらい費用が掛かるのか、治療する時期はいつがいいのか、という疑問にお答えします!
生活の質が向上し様々なものに意識を向けられるようになった現在でも、「人は見た目が9割」と言われるほど第一印象が重要です。
それゆえ、AGAいわゆる「男性型脱毛症」は男性にとって切実な悩みであり、生活の質を大きく落とす要因です。

 

男性の薄毛(AGA)は長い間、治療できないと言われてきました。
そもそもAGAが病気という概念がなかったので、諦めるしかなかったのです。

 

しかし現在では薄毛改善の研究も進み、適切な治療をすれば治る病気として認知されています。

 

ここでは、AGAどのような治療をすればよいのか費用がどれくらいかの疑問にお答えします。

 

AGA治療の方法と費用

◆◆◆クリニック利用時の具体的なAGA治療に必要な費用◆◆◆

■最低金額■

月1万円

一万円

とりあえず必要なのが、AGAで髪が薄くなるのを止めるための治療薬
【プロペシア(成分名:フィナステリド)】
または、
【ザガーロ(成分名:デュタステリド)】
を購入するための費用に1万円程度です。

 

髪が薄くなるのを止めないで、髪を増やそうと思ってもそれは無理な注文というもの。
育毛剤でAGAに効果あり!というものもあるけれど、科学的根拠に基づいているのはこれだけです。

AGA治療に関する参考資料:男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)
(※https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf)

AGA初期(薄毛が気になりだした頃)■
月1万から2万円程度自毛植毛:必要なし

●AGA治療薬:1万円程度
●ミノキシジルを含んだ塗り薬:1万円程度

男性の場合は薄毛の原因で最も多いのがAGA。両親や祖父母にAGAの人がいるなら、その可能性も大きいのですが、薄毛初期は他の原因も考えられます。だからすぐにAGA治療薬が必要かどうかは判断が難しいところ。
でも、原因が何か悩んでいるのが一番薄毛にとって良くないことなんです。
AGA治療をしてくれるクリニックは無料でカウンセリングをしてくれる所もあるので、一度診てもらってすっきりとしましょう!

 

初期のAGAは治療薬で十分ですが、補助としてミノキシジルを含んだ塗り薬を塗ることで髪を濃くすることができます。育毛剤は科学的根拠が無いのでおすすめしませんが、現在使用していて効果がでているものについては使用を続けてもいいでしょう。
治療薬は年12万円からの出費となりますが、将来ハゲた時のことを考えると少ない投資です。ハゲた時のコンプレックスは生活の質を想像以上に落とします。人によっては非常に辛く他人と会うのが嫌になります。これはお金に換算できるものではありません。早い時点でAGAの進行を止める事ができるのはとても幸運なことなのです。
治療薬は内科医でも入手できますが、いつでも相談できるように専門のクリニックで購入して髪の主治医を見つけておくことをおすすめします。

 

■治療薬が効果が無い人も

 

非常にまれにですが、プロペシア等の治療薬を飲んでも効果が出ない人もいるようです。
ですが薬の処方だけを行う病院や、個人輸入などで手に入れた場合は判断ができません。
無駄にものにお金を支払うことになってしまいます。

 

専門クリニックを利用しているなら、他の効果的な方法を一緒に考えることができます。

 

AGA治療薬価格比較【おススメクリニック】
  クリニック名 内服治療薬 外服治療薬 備考
AGAスキンクリニック 7,000円(*) 14,000円 (*)初回4,200円~
AGAルネッサンスクリニック 5,000円(*) 8,200円 (*)初回4,000円~
アゲインメディカルクリニック 7,000円~ 10,000円~

 

 

AGA中期(地肌が透けて見える。額が後退した。)■
月3万円程度から自毛植毛:80万円~

●AGA治療用内服薬と塗り薬の併用:2万円から3万円後半
●AGAメソセラピーによる発毛促進治療:2万円から7万円程度
●月数回程度のカウンセリング

AGAの薄毛が進行して額が後退したり頭頂部の地肌が見えてきた人の治療方法は2種類。
薄毛を我慢できる人と、今すぐ治したい人で分かれます。

 

 

■しばらくは薄毛を我慢できる人

 

AGAの進行を止めると同時に積極的な発毛治療を行います。
具体的には、AGAメソセラピーなどで頭皮に発毛を促進する薬剤を注入します。
これは少し費用が高くて、2万円から7万円程度。
費用の幅があるのは、注入方法や薬剤がクリニック毎に異なるというのもありますが、保険が適用されない自由診療だというもの大きいようです。その為、費用が高いほうが効果が高いというわけではない。実績や説明を見て、じっくりと検討するようにしましょう。
但し効き目は個人差が大きいので、1年程度治療をしてあまり効果が出ないようなら自毛植毛など他の方法を考えるべきです。

 

AGAメソメラピー価格比較【おススメクリニック】
  クリニック名 AGAメソメラピー 内容
親和クリニック 27,000円 針を使わない無痛メソセラピー
【2ヵ月セットコース】内服・外用処方薬セット2ヶ月分 + ノーニードル発毛メソセラピー4回8万円
(1回あたり1万円程度換算)
AGAルネッサンスクリニック 69,800円~ モニター価格あり
AGAスキンクリニック 50,000円~ AGA幹細胞再生治療:60,000円~

 

 

■今すぐ薄毛を治したい人

 

自毛植毛をしましょう。
日本人は自然に毛を生やしたい人が多いようで自毛植毛は敬遠されがちですが、植毛後の髪も自然に生えた髪も同じ自分の髪です。切っても自然に伸びますし、後頭部から持ってくるので以前より生き生きとしています。
手術後一週間程度はかゆみや違和感を感じますが、それ以降は普通です。
費用を見積もってもらって、支払えるようなら1回手術するだけで終わる自毛植毛をおススメします。

 

 

■選択を間違えると無駄な出費となる

 

AGA治療は薬や施術の効果の個人差が大きく、結果が出ないまま中断するケースも稀にあります。
ある治療に対する満足度が9割を超えていたとしても、残りの1割にならない保証はありません。
脱毛範囲が広いほどこのリスクが大きくなり、結果的に高額の費用を支払うことになります。
このケースですと自毛植毛の方が安価となるので、治療を行うか自毛植毛を行うか医師と相談するべきです。
両方行えるクリニックを受診するのをおススメします。

 

AGA治療と自毛植毛価格比較【おススメクリニック】
  クリニック名 AGAメソメラピー 自毛植毛(1株) 備考
親和クリニック 27,000円 800円~ モニター最大50%オフ
聖心毛髪再生外来 65,000円~ 996円~ 植毛ロボット
ARTAS
AGAルネッサンスクリニック 69,800円~ 663円~ 植毛ロボット
ARTAS

 

 

AGA末期(髪が無い状態。)■
月8万円程度~自毛植毛:100万円~(推奨

●クリニックオリジナルAGA治療用内服薬と塗り薬の併用:2万円から3万円程度
●月数回程度のカウンセリング
●メソセラピー・ハーグ療法・オリジナル施術:2万円から10万円程度

髪がほとんど無い状態からのAGA治療は長い期間と費用が必要です。
治療内容についてはAGA中期とほとんど変わらず、回数を増やすなどで対応します。
近年の薄毛研究はかなり進んでいるようでAGAについて高い効果がありますが、それでも毛がない状態から誰でも確実に髪を生やすのは難しいのが現状です。

 

ただ完全に否定できないもの現状。ハーグ療法や再生療法など、もしかしたら髪が生えてくるのではないかと期待できる治療法もあるので、やらない方がいいとは言えません。
治療を受けるかどうかは医師と十分に話をして、信頼できるかどうかで判断するようにしましょう。

 

髪が生えることだけを強調するクリニックは要注意。
生えない可能性についての説明の方が重要です。

 

■AGA後期の本命は自毛植毛です。
今すぐ髪を増やしたいという気持ちが強いのに、気長にAGA治療を続けるのはとても辛いものがあります。
また費用についてもAGA治療は年間で100万円以上、高額になると200万円にもなるばかりでなく、数年間続ける必要があります。
自毛植毛でフサフサにするには200万円以上になりますが、短期間で終わるのは大きなメリットです。

 

■一部を自毛植毛、後はゆっくりと増やす
自毛植毛は高額なので無理という人は一部だけ植毛を行い、あとはゆっくりと治療薬とミノキシジルで増やすという方法もあります。
腕のいい自毛植毛医師は、少ない本数でも髪を多く見せる技術を持っています。クリニックで施術例を見せてもらうと、術前と術後の違いに驚くでしょう。
自毛植毛後は高額な治療は行わず、治療薬のみかミノキシジルを外用してゆっくりと髪を増やします。そしてお金を貯めます。もう一度自毛植毛を行いたくなっているはずです。貯めたお金で再手術をしましょう。

 

当サイトの管理人が体を張って体験してきました

何年か治療したけど効果なかったんですよ…それでも髪生やしたいじゃないですか。 自毛植毛なら確実に髪が増えるって聞いたんですよ。

自毛植毛しに親和クリニックに行ってきました


 

AGAポイントAGA治療の本命はAGA専門クリニックです。

 

この他は薄毛の進行を一時的に抑える効果しかありません。

 

薄毛に悩むなら、”専門機関で治療薬を入手し一刻も早くAGAの進行を止める”、まずここからです。

 

また自毛植毛も選択肢の一つ。1回の手術で薄毛やはげの悩みを解消できるのが魅力です。

 

また自毛植毛は高額に感じますが、トータルで比較した場合、AGA治療より安価になるケースも多いのです。

 

可能ならば、AGA治療と自毛植毛の両方を行えるクリニックで相談をするのが、費用を安くするコツです。


 

そんなAGA治療と自毛植毛ができるクリニックでおすすめは

 

親和クリニックLP

低価格のAGAメソセラピーと自毛植毛についての正しい技術力を有する親和クリニックです。

>>親和クリニックについてはこちら<<

 

 

Q.治療してもまたハゲるのでは?

AGAポイントAGAは男性ホルモンがDHTという物質に変換されておこる症状。
この変換を抑える薬を飲み続けることで薄毛を抑制します。
また髪の育成に悪い影響を与える生活習慣改善の指導を行うことで、髪が生えやすい体質を作ります。

 

薬を止めると再びAGAのリスクが増えますが過度の飲酒喫煙・睡眠不足などに気を付けることである程度の予防になります。

 

ですが、せっかく生えてきた髪を守る為にも治療薬は飲み続ける方がいいでしょう。


 

AGAクリニック薄毛進行度別おすすめランキング

コンテンツメニューへ

AGA治療の内容

AGA専門クリニックではAGAを改善し、髪を以前のフサフサな状態に戻すための処置や施術を行います。
では、どんな内容なのでしょうか。

 

 

AGA治療1 診察・カウンセリング


初回のカウンセリングで薄毛の原因を検査します。
薄毛の原因はAGAだけでは無いので、最適な治療方法を選択する為に必要な検査です。
また、脱毛状態から治療期間及び施術内容を決定します。
それに伴い、治療費が提示されます。
続けるかどうかの判断をここで行います。

 

またカウンセリングでは、脱毛原因となる生活習慣改善も同時に行います。
悪い習慣を改善することも、薄毛改善スピードに大きく影響します。


 

AGA治療2 治療薬の処方

AGAの進行を抑えるプロペシアなどのフィナステリドデュタステリドという成分でできた治療薬を処方します。
これは自宅で基本的に毎日服用します。

 

基本的には標準的なものが用意されますが、クリニックによっては、より高度な結果が期待できるオリジナル治療薬が用意されているケースもあります。
この場合は、カウンセリングでどちらを使用するか判断をします。

 


【プロペシア:標準的な治療薬】

 

※標準的な治療薬は、一部の内科などの外来医院で入手できます。

 

 

AGA治療3 発毛促進施術

自然治癒では長い年月を必用とする為、施術を行い発毛を促します。

 

一般的な方法としては、ハーグ(HARG)療法やAGAメソセラピーをベースとした施術を行います。
注射や特殊な機器を用い、頭皮に毛髪の成長を促進する成分を直接投与します。
この二つの施術は厳密には異なるのですが、現状では曖昧になっています。

 

AGA治療が高額になる要因は、この施術によるものです。
高価な薬剤や技術を必要とするため、費用を抑えるのが難しいのです。
ですが自然治癒での治療期間と比較すると、非常に早いペースでの発毛が期待できます。

 

費用例:
親和クリニック
ノーニードル発毛メソセラピー:1回27,000円
(親和式AGA治療コース:内服外服治療薬2か月分+メソセラピー4回8万円)

 

高い!と思った方
実は、行くのが遅くなるほど高額になります!
>>詳しくはこちら

 

AGA治療4 自毛植毛

薄毛は植毛で治る

自毛植毛の最大のメリットは確実に髪を増やせること。

 

発毛促進でのAGA治療は薄毛の進行状況や、体質・生活習慣など様々な要因により、髪が生えそろうまでの期間が変動します。

 

その為1年程度で治療を終えることができた人がいる一方、3年4年クリニックに通い続けてもいい結果が出ない人もいます。

 

積極的に体質や清潔習慣を改善することで、期間を縮めることができますが、多大な努力を長期間強いられるということです。最初は張り切っていても続かず、あきらめてしまうケースも少なくありません。

 

その点、自毛植毛は1回の施術で髪を取り戻すことができます。もちろん、悪い生活習慣を続けていると、髪に悪い影響を与えることになるのですが、

 

  • 髪が生える保証がないが、信じて努力する
  • 今ある髪を減らさないように努力する

 

同じ努力するにしても、後者の方がモチベーションを高く持つことができます。

 

費用面にしても、発毛促進でのAGA治療を長期間続けた場合と比較すると、自毛植毛の方が安くなるケースもあります。

 

可能なら、自毛植毛も行えるAGA治療専門クリニックで、相談するようにしましょう。

 

コンテンツメニューへ

様々なAGA治療方法の費用と効果を比較!

薄毛やAGAの治療はどのようなものがあるのか、いくつか思い当たるでしょう。
その中で4つの治療方法について、実際の効果と費用を検証してみます。

  1. 育毛剤を使用
  2. 薄毛改善本などを実践
  3. 医薬品を自分で購入
  4. 内科や皮膚科を受診
  5. AGA専門クリニックで治療
  1. 育毛剤を使用中

    (1)育毛剤を使った治療
    費用安いが・・・

     

    AGAには効果はない

    AGAに悩むほとんどの男性が誰でも一度は試したことがある方法です。
    「芸能人の○○が使用」「医学博士が認めた」など非常に魅力的な広告で興味を引き付けられて、買ってしまった人もいるでしょう。
    ですが本当に髪が増えるのは、運がいい人だけです。
    髪が抜けるのは、原因があります。
    その原因を取り除かない限り完治することはありません。
    そのため育毛剤は、ほとんどの人は効果がありません。

     

    またAGAを放置するのと同じ行為なので、AGAが進行します。

     

    いつのまにかはげていたという事になりかねません。

     

    これが、多くの男性がハゲるパターン!
    薄毛が気になるので育毛剤を買ってきた。どうしてハゲた?
    本当に大丈夫?AGAは育毛剤では治りません!

     

     

  2. 薄毛改善の本

    (2)薄毛改善本などを実践

     

    AGAに触れていないものが多い

    「薄毛改善の為の○○の習慣」「私が薄毛を改善した方法」など薄毛に悩む人にとって、とても気になる雑誌やハウツー本が書店やネットにあふれています。
    特に、”毎日○○するだけで薄毛が解消されます”などと書かれていたら、すぐにでも始めようと思ってしまいます。

     

    これらの本の多くは、AGAについて何も触れていないものが多いようです。
    AGAはまず、治療薬を飲んでAGAの進行を抑えないと何をやっても薄毛が改善されることがありません。
    このような本の実践は効果が無いばかりか、無駄な努力に時間を費やしているうちにAGAが進行してしまう結果となります。

     

    またマッサージや食事・運動などと育毛の関係について、実はまだ医学的に解明されていません。
    血行が良くなる・足りない栄養を補給すると髪にいいかもしれませんが、本当にそうなのか分かってないのです。

     

     

  3. AGA治療薬のイメージ

    (3)AGAに効果がある医薬品を利用
    費用安い

    AGA新薬ザガーロ

    【AGA新薬ザガーロ】

     

    現状維持が期待できるが、発毛は難しい

    日本でリアップという商品名で販売されている発毛効果があるミノキシジルAGAを抑制するプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)などを服用して治療する方法です。
    ミノキシジルは薄毛に対する効果は育毛剤よりもありますが、根本的な治療でないため効果が薄いか効果があっても一時的です。
    プロペシアとザガーロはAGAを抑える治療薬で医師の処方が必要ですが、個人輸入などでも入手できます。(この場合個人の責任での処置となります
    これら二つの薬を使用することで、薄毛が進行するのを抑えることが可能ですが、一度失った髪を元に戻す効果は薄いと言わざる負えません。
    また服用をやめると髪が抜けるなどの報告もあります。
    さらに人によっては深刻な副作用もあるので注意が必用です。このため日本では医師や薬剤師の処方が必用です。
    費用は育毛剤と同程度です。

     

    AGAに効果がある医薬品だが…
    ハゲるのは止まったのだけど、髪が生えてこない
    現状維持が精一杯なのが現状

     

  4. 内科医のイメージ

    (4)内科や皮膚科でAGA治療 費用1万から

    医者でAGA治療ができる

     

    現状維持を目的とした診察

    爆笑問題というコンビが出演する「AGAはお医者さんに相談だ~」というCMがありましたが、町中の診療所や病院に行ってみようと思った人も多いのではないでしょうか。
    (実際はAGA治療薬を製剤する会社のCMだったようです)

     

    医者に行くと簡単な診察をしミノキシジルやフィナステリドなどの服用薬や塗り薬を処方してもらえます。
    基本的にAGAの専門医ではないので、それ以上の医療行為はできません。

     

    そのため実質的には、自分で医薬品を購入した場合と同じです。

     

    ただし処方される治療薬は日本で正式に認可されたものなので、治療薬本来の効果を得る事ができます。
    (海外から購入した治療薬は信頼性が低く、効果があるかどうかの保証はありません)

     

    薄毛の初期段階ではAGAの進行を止めるのみで十分なので、医師に治療薬を処方してもらうことをおすすめします。

     

    お医者さんに行くと…
    患者:薄毛なんですが… 医者:では治療薬を出しておきます
    薬を処方するだけのケースがほとんどなので髪が増える見込みがほとんどゼロ!

     

  5.  

  6. AGA治療クリニックのイメージ

    (6)
    • AGA専門クリニックで治療 費用2万から
    • AGA専門クリニックで植毛 費用100万円から

    薄毛の説明

    やはり、本命はこれ

    AGA専門クリニックで治療

    AGAの治療を専門に行っている病院などでは、ミノキシジルやフィナステリドの投与の他に独自の発毛理論によって薄毛の改善を行います。
    その為費用相場は月数万から十万以上とAGAの進行状況により変わってきます。
    AGAの進行ぐらいと費用の目安はこちら

     

    また薄毛になりやすい体質の改善や、AGAの大敵である生活習慣の乱れの改善指導を行います。
    この指導を通して、完治後に再発しない下地を作ることができます。

     

    髪を生やすために特化した施術を行うことができるのは、AGA専門クリニックだけです。

     

    AGA専門クリニックで植毛

    確実に髪を増やせるのが一部のAGA専門クリニックで行っている自毛植毛です。

     

    主に後頭部の健康でしっかりとした髪を、薄毛部分に移植します。

     

    その為、たった1回の施術でフサフサな髪を取り戻すことができます。

     

    本当に髪が増えるのか、騙されているのではないか、などの不安と無縁なのが自毛植毛のメリットと言えるでしょう。

     

    また、デメリットは費用面だと思っている人が多いようですが、一概にはそうとは言えません。

     

    自然治癒を狙ったAGA治療に必要な期間は、頭皮の状態や体質・生活習慣により変動するので、「確実に〇年で終わる」と断言することができません。

     

    その為、2年3年と治療を続けると200万円、300万円と費用が増大します。それでも満足のいく結果を得られず、あきらめて治療を止めてしまうケースもあります。

     

    さらに、そのまま自毛植毛を選択する人もおり、「最初から植毛をしておけばよかった」という感想も聞かれます。

     

    AGA治療と自毛植毛どちらがいいのか

    AGA初期においては、治療薬でAGAを抑えるだけで十分な効果があります。
    その為、自毛植毛は必用ありません。

     

    AGAが進行して、脱毛がはっきりとわかる状態なら自毛植毛をおすすめします。
    髪の悩みは多くの男性にとって深刻なものです。それが短期間で解消されるのですから、これほど良い解決方法はありません。

     

    ですが医師の判断で治療薬やメソセラピーで十分治癒可能で、治療費用も自毛植毛より安くなると判断されるなら、そちらに従うのがよいでしょう。

     

    また一部だけ植毛をして、後はAGA治療を行うという判断もできます。

     

    どのような方法でAGAを改善していくかは個人では難しい問題です。
    予算や自分の希望などを伝え、医師の意見を良く聞いて判断するようにしましょう。

     

    また、AGA専門クリニックの選び方も重要です。
    そもそも自毛植毛を行っていないクリニックでは通常の治療しか行えません。

     

    また自毛植毛はとても高度な技術を必要とします。技術の伴わないクリニックで施術を行うと後遺症などの危険があるかもしれません。

     

    これまでの実績やアフターケアなど、十分に吟味して選択をするようにしましょう。

     

    AGA治療ができる専門クリニックはこちら

 

コンテンツメニューへ

 

 

AGAは早期治療が一番費用が安い理由

AGA治療は、開始する時期が遅くなるほど高額になります。

 

場合によっては、数年の違いで数十万円の差がでることがあります。

 

 

  • (1)AGA進行度による頭皮の状態

     

    見た目が同じでも、実際はここまで違う

     

    1.薄毛中期:髪の毛が細くなっている=>髪を太くするだけでいい

     

    非常に細い毛髪の図

    非常に細いが、残っている

     

    2.薄毛後期:髪が抜け落ちてしまっている=>髪を生やす必要がある

     

    毛髪が残っていない地肌の図

    毛髪が残っていない

     

    1.のケースは髪を元気にする為の治療となりますが、2.のケースは髪を生やすことから始める必要があります。

     

    2.のケースの方が治療に必要な薬品や施術が高度になるので、必要な費用が高額となります。

     

  • (2)開始が遅いと”長ーい長ーい治療期間”が必用

     

     

    髪を太くする治療の場合、早いケースなら半年程度で効果を実感できる状態になります。
    しかし発毛から始めて髪を太くする必要がある場合、数年という期間が必用です。

     

    期間が長いほど使用する薬品の量や施術の回数が多くなるので、必要な費用が高額となります。

     

  • 薄毛初期(髪が細い)場合
    髪が残っているなら、太くするだけでOK
    髪が太くなる様子
    治療期間:短い 1回の治療費:安い

     

    薄毛後期(髪が無い)場合
    髪が生える土台作り、徐々に新毛が増えてくる
    治療を始めるのが遅いほど、<br />高度な治療が必要。新毛が抜け生え変わると太く長くなる。フサフサな髪へ!
    治療期間:長い 1回の治療費:高額

    AGAポイントこのようにAGAの程度が初期なほど費用が安くなります。
    また発毛が必要な場合でも時間が経過するほど範囲が広くなってしまうので、なるべく早く治療を始めるべきです。

     

    特に悩んでいる若い世代の方は、幸いにも安く治療できる可能性が高いので一度カウンセリングだけでも受けてみるようにしましょう。

     

    治療開始1年の差で、 数十万円の差が出る事も 実際にあるのです!

     

    コンテンツメニューへ

     

     

    AGA治療ができる専門クリニックはこちら

    髪の発毛を促するメソセラピー

    AGAメソセラピー費用

    メソセラピーとは:

    何らかの治療を目的として体内に注射器などで薬剤を注入することです。
    脂肪を減らすことを目的とした脂肪溶解メソセラピーなどがあります。

     

    AGA治療を目的としたメソセラピーは主に衰えた毛根に発毛を促す成分や、髪の成長に必要な成分などを注射器などで注入します。

     

    薬のみの治療の場合、自然なサイクルでの発毛を待つ必要があり望んだ状態になるまでかなりの年月がかかります。さらに発毛すらしないケースもあります。

     

    AGAメソセラピーで発毛しやすい環境を作りますので、髪が生えるまでの期間を短縮することができるのです。

     

     

     

    用いられる成分は発毛クリニックによって異なるので、カウンセリング時に詳しい説明をしてもらうようにしましょう。

     

    またAGA治療に必要な費用で最も大きな割合を占めるのが、このAGAメソセラピーです。

     

    毛根に活力があるうちに始めた場合、この治療は必要がありません。

     

    その為費用を大幅に安くできますので、なるべく早い段階でカウンセリングを受けるようにしましょう。

     

    コンテンツメニューへ

    AGA治療と自毛植毛を行える専門クリニック

    当サイトの管理人が体を張って体験してきました

    某発毛サロンで400万円払ったけど効果なかったんですよ…それでも髪生やしたいじゃないですか。
    自毛植毛なら確実に髪が増えるって聞いたんですよ。

    自毛植毛しに親和クリニックに行ってきました

    親和クリニック

    親和クリニック
    確かな技術でAGA治療と自毛植毛の両方を行えるクリニック

    AGAスキンクリニック

    AGAスキンクリニック
    全国40院を運営する、比較的通いやすいクリニック

     

    コンテンツメニューへ

    AGAの進行について

    AGAは徐々に進行していく症状です。
    最初は髪にハリが無くなり、次第に細くなっていきます。
    さらに短い抜け毛が目立ち始めたら、完全にAGAだと言っていいでしょう。

     

    一斉に髪が薄くなるということは無く、どこか一部が徐々に減っていきます。
    その場所は人によって異なり、

     

    頭頂部から薄くなる

    • 頭頂部から
    • 額から
    • M字から

     

    と言ったパターンがあります。
    稀に一斉に進行していくパターンもあります。

     

    最終的には後頭部や側頭部を残し、抜け落ちてしまいます。

     

    進行はゆっくりですのでAGAになってしまっても気が付かなかったり、まだ大丈夫だと判断していまいがちですが、確実に禿げます。

     

    進行を止めるにはAGAの治療を受ける必要があります。
    AGAの治療薬を個人で入手する方法もありますが、効果の有無を判断するには長期の観察が必用であり、効果が無い場合は、その間に薄毛が進行しています。デメリットが多い方法と言えるでしょう。

     

    AGAの進行を止めるには、医師による治療が不可欠です。

     

    AGA治療のデメリット

    AGA治療には多少ですがデメリットがあります。

     

    それは治療に使用する薬の副作用です。

     

    健康な人なら問題がないレベルですが、持病などを持っている場合注意が必要です。

     

    AGA治療薬は個人輸入などを利用することで、医師の処方を受けることなく手に入れることができますが、摂取すべき用法・用量を明確に示してもらうことができません。

     

    その為、多めに飲めば効き目が早く出ると思っている人もいるようです。

     

    それは間違いです。

     

    個人個人に見合った、適切な量を服用する必要があります。

     

    AGA治療薬は必ず、医師の診断の元で服用するようにしましょう。

     

    AGA治療Q&A

    若年 AGAで悩んでいます。

    若年ならハーグ療法が高いと聞いたのですが、薄毛が改善しても止めるとまた薄毛になると聞きました。
    それだと意味がないです。費用が高いので一度改善したら、二度目がないようにしたいのですがハーグ療法は無駄なのでしょうか。



     

    ハーグ療法は発毛を目的としています。

    AGAは男性ホルモンの一つのDHAが元で髪が脱毛する症状です。
    これを抑えるにはフィナステリドを定期的に摂取する必要があります。
    ハーグ療法だけでは脱毛を抑えることができないので、一時的に毛量が増加しても薄毛になります。
    フィナステリドを併用するようにしましょう。
    ハーグ治療の費用は1回10万円程度が目安です。

     

    ハーグ療法とメソセラピーは何が違うのですか?


     

    ハーグ療法は髪の成長を促す因子を注入します。

    一方メソセラピーは、ミノキシジルなどのAGA治療成分やヒアルロン酸などを注入します。
    両者の違いは、髪の成長因子が含まれているかどうかです。
    その為、ハーグ療法の方が費用が高くなる傾向があります。

     

    近年はメソセラピーでも成長因子が配合されていることが多くなり、両者の区分が曖昧となってきています。

     

     

     

    AGA治療の費用は高いです。

    保険が適用されれば安くなると思うのですが、なぜ適用されないのでしょうか。



     

    保険が適用されるには厚生労働省が、「適用するに値する」と判断する必要があります。

     

    現状では体調を損なったり、命にかかわるもので無いと判断されており、美容整形などと同じ分類だと見なされているいるのです。

     

    AGAは精神に大きく影響を与えます。
    特に女性との関わりに消極的になる男性が非常に多いのが現実です。
    合コンに行っても、自分はフサフサなイケメンの引き立て役でしかありません。
    「ハゲでもいい。ただし年収8桁ならば。」女性の本音はコレです。
    夢を見るだけ無駄なのです。だったら家でゲームをしていたほうが気が楽です。
    その結果、活発だった人が、家に引きこもるのです。

     

    一時代前は近所の世話好きなおばさんが、無理矢理にでも結婚相手を紹介してくれました。
    今はそんな有難迷惑な人はいないので、引きこもったら一生独身なのです。

     

    つまりAGAは日本の少子化の原因の一つなのです。
    子供を育てやすい環境づくりも大事ですが、結婚したいけどコンプレックスで積極的になれない男性のサポートも大事なのではないでしょうか。

     

    一刻も早く保険で受診できるようにして欲しいものです。

     

    アボルブという薬が、AGAに効くと聞きました。

    本当でしょうか?



     

    アボルブとは前立腺肥大症に用いられる薬で、「デュタステリド」とう成分でできています。
    フィナステリドと同じように、5αリダクターゼに作用してDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのを抑制します。
    さらに最近分かってきた事で、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありデュタステリドは両方の型に効果があります。
    フィナステリドはⅡ型のみにしか効果がないので、AGA治療薬としては優秀と言えます。
    その為、最新の最先端技術を積極的に取り込んでいる専門クリニックで使用されているケースも多いようです。

     

    日本国内では、2015年9月28日に厚生労働省よりAGA治療薬として認可されました。
    その後紆余曲折があり、2016年6月13日に「ザガーロ」という名称で流通が開始されました。
    前立腺肥大症での名称が「アボルブ」でAGA治療薬での名称は「ザガーロ」ですが、中身は同じです。

     

    ※認可されているのは「ザガーロ」であり「アボルブ」ではありません。AGA治療の為に「アボルブ」を使用するのはおすすめできません。

     

    このサイトで紹介している親和クリニックでも使用しています。

     

    親が薄毛なので、将来禿げないか心配です。


     

    薄毛になりやすい体質は遺伝します。
    両親が薄毛でないと思った人も安心できません。
    母方の祖父が薄毛だと、その遺伝子が母親を通して子供に受け継がれるケースがあるからです。

     

    遺伝子を受け継いだとしても必ずAGAになるということでありませんが、放置すると非常に大きな確率で禿げます。

     

    薄毛だと思ったら、早めに専門医に相談することが明るい未来を作ると言っても過言ではありません。

     

    芸能人でAGA治療をしている人はいますか?


     

    良く話題に上るのはナインティナインの岡村隆史さんです。
    「ハゲるならハゲやがれと思っていましたが、ハゲたくないので病院に駆け込みました」
    と、ラジオ番組で語っています。

     

    次に、雨上がり決死隊の宮迫博之さん。
    スカルプDという育毛シャンプーで髪が生えたというCMが印象に残っていますが、このシャンプーに髪を生やす効果はありません。
    使用前使用後の画像に、「頭髪治療との併用でスカルプD単体の高価ではありません」と書かれていたいたのに気が付いた人も多いでしょう。
    つまり、AGAかどうかははっきりと分かりませんが、何らかの薄毛治療を行っていたようです。

     

     

    クリニックの口コミを読んでいると効くという意見と効かないという意見の両方があります。

    何を信じればいいのでしょうか。



     

    一度失った頭髪を取り戻すには、相応の時間が必要です。
    その為短い期間の治療だけでは判断できないのですが、その時点で効果が無いと判断してしまうケースもあります。
    口コミはその性質上、マイナスの意見が多くなります。
    クリニックのWEBページには実績や実際にビフォアーアフター画像が掲載されていることがあります。
    口コミに惑わされらないで、それらを見て判断するようにしましょう。

     

    コンテンツメニューへ

    男性ホルモンとAGAの関係

    男性にとって、男性ホルモンというのは必要不可欠です。男性ホルモンの働きで、男性は男らしく筋肉が発達したり、脳内に働きかけてチャレンジ精神を旺盛にしたりといった良い効果があります。

     

    ところがこの男性ホルモンが過剰に分泌してしまうと、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうという困った事態を引き起こしてしまうのです。

     

    男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす効果があります。頭皮のダメージを減らしてくれる皮脂ですが、皮脂の分泌量が増えすぎてしまうと、頭皮の毛穴をふさいでしまうのです。ふさがれた毛穴には髪の毛の育成に必要な酸素が届かず、現在ある髪の毛やこれから生えようとしている髪の毛の育成を阻害してしまいます。

     

    もう一つの問題は、男性ホルモンは主にテストステロンという成分が占めています。このテストステロン自体は、髪を太くするという効果があり問題はないのですが、問題はこのテストステロンと5-aリダクターゼという成分が結合すると”ジヒドロテストステロン”というAGAを引き起こすホルモンへと変化してしまうという事なのです。

     

    このジヒドロテストステロンというホルモンは、頭皮の中の毛乳頭細胞が『新しい髪をつくれ!』というシグナルを出せないようにしてしまうという厄介なホルモンです。この5-aリダクターゼは、頭皮の頭頂部や前頭部に多く分布しているので、AGAを治療するためにはこのジヒドロテストステロンが生成されないように、5-aリダクターゼを阻害して、テストステロンと結合してしまわないようにしなければなりません。

     

     

    男性ホルモンを減らす、というよりもその男性ホルモンによって過剰に分泌されてしまった皮脂やジヒドロテストステロンへの対策を徹底して、AGAをストップすることが大事なのです。

     

    薄毛は悩まず相談を

    薄毛になってきた、薄毛をわからないようにごまかしている、毎日増毛ケアをしているのに一向に変わらない・・・などなど、薄毛で悩んでいる方は実はけっこうたくさんいらっしゃいます。ですが、はずかしくて中々人にも話せず、悩みを抱え込んでしまっている人も多くいるのも事実です。

     

    薄毛の原因がAGAであるなら、自分でケアしても髪が生えてくることはありません。

     

    それに悩みを抱え込んでストレスをためてしまっては、AGAを加速させる原因にもなってしまいます。薄毛を本気でどうにかしたい!と思っているならば、まずは専門のクリニックでのカウンセリングを受けることをおすすめします。
    AGAでなくてもストレスが原因で薄毛になることがあります。

     

    人には話せない悩みを聞いてもらうだけでもすっきりしますし、何より専門家ですから、あなたがAGA改善のために何をするべきなのかを的確に診断し、アドバイスをしてくれます。

     

    もちろん、クリニックではプライバシーにも配慮してもらえるので、周りの目を気にせずに相談することができます。

     

    クリニックのカウンセリングでは、AGAだけでなく薄毛全般を解決するにはどうすればいいのかそれぞれに最適なアドバイスをしてくれます。薄毛を解決するにはどうすればいいのか、どんな生活スタイルで過ごせばいいのか、生活改善の指導もしてもらえます。さらに必要ならAGAの治療を受ける事ができます。

     

    プロのアドバイスを受けることでしっかり確実に髪の毛を増やすことができますし、いままで自分流にやってまったく変わらなかった薄毛がウソのように増やすことができるので、安心して過ごすことができるようになります。

     

    薄毛を本気で解決しようと思う場合はまずカウンセリングを受け、プロの目線から生活スタイルをしっかりと見直せるよう改善していくことが、薄毛解決への第一歩となるのです。

     

    AGA治療と毛穴の検査


    AGA治療の為の”毛穴の検査”の重要性について

     

    本気でAGAを治療する為には、まず専門のクリニックできちんとした検査を受けることが大事です。

     

    自分の現在の頭皮や毛穴の状態等をきちんと把握し、根本的な原因は何なのか、生活習慣によってどのぐらいのダメージを受けているのかを理解することで、的確なAGA治療をすることができます。

     

    クリニックでは、血流の状態や血管年齢、さらに毛穴や頭皮の状態、毛髪の量など詳しく検査をしてもらえます。

     

    AGAの進行度を確実にチェックし正しい髪の健康診断をすることで、的確な治療を始めることができるのです。そうして、自分に合った治療法を実践することで、短期間のうちにボリュームのある若々しい髪の毛を取り戻す可能性が出てくるのです。

     

    ストレスなども、AGAの原因だといわれています。ちゃんとした毛穴検査を行わないことでまちがった治療法をしてしまい、副作用のトラブルに見舞われ、体や心に負担をかけてしまっては、その人にとっても、髪の毛にとっても良くないことなのです。

     

    専門の医師に直接現在の頭皮や毛穴の状態をきちんとチェックしてもらって的確な治療を行い、更に抜け毛やAGAを進行させないためのアドバイスを受けながらストレスなく続けること。それが、きちんとした効果を実感できるための一番の近道なのです。

     

    AGAの原因は様々です。遺伝だから仕方がないとあきらめる前にきちんと検査を行い、専門の医師と共に頭皮環境を整えていくことがAGA克服の近道になるのではないでしょうか。

     

    検査に必要な費用は簡易的なものなら無料で行ってくれるケースもあります。

     

    無料カウンセリング時にも検査をしてもらえるので、利用しましょう。

     

    AGA治療に必要な費用ってどのくらいかかるの?

    薄毛が気になって市販の育毛剤を使用したり、自分で頭皮マッサージをしてみたりしている方も多いのではないでしょうか?ですがそういった方法だけでは、改善は難しいです!

     

    AGAというのは、一度発症するとじわじわと進行し、放っておくと薄毛・ハゲは確実に広がっていきます。

     

    でも、治療する費用ってどれぐらいかかるかわからなくて踏み込めないな・・・という方の為に、治療にかかるおおよその費用をご紹介します。

     

    AGA治療にも様々な種類や方法がありますがAGA治療は保険適用外となっています。ですから、自分で無理のない計画を立てて長期的に続けられるようにしましょう。

     

    費用があまりかからない治療といえば、ミノキシジルやプロペシア・ザガーロを利用した治療法です。

     

    医療機関によって価格に差はありますが、数千円から一万円程度で始める事ができます。ですが、この治療法は定期的に受診しなければならないこと・長期的に続けなければならないことなども考慮しなければなりません。

     

    また最近ではハーグ療法やAGAメソセラピーという治療法もあります。1回の施術料は十万円前後、5~10回程度の通院・治療が必要な治療方法なのですが、頭皮をまた健康な毛髪が生えてくる状態に戻す再生医療なので、施術が完了すれば薄毛が改善され、髪が生え続けていくサイクルができる治療として今注目されています。

     

    自毛植毛という方法もあります。この場合植毛する範囲や本数が多くなれば多くなるほど高額になってしまい、安くても数十万、範囲が広いと百万円~二百万円台と高額になってしまう場合もあります。

     

    ですが、髪が定着すれば後々の治療費がかからないで済む点は負担が続かないのはいい点です。キャンペーンやモニター募集などを賢く利用して低価格で植毛できるようにすることもできます。

     

    ハーグ療法などの自然治癒を目的とした治療は終了(髪が生えそろう)までの期間を予測するのが難しのが現状です。そのため気が付いたら数百万円を支払っていたというケースも少なくなく、結果的に自毛植毛の方が安価だったということも多いようです。

     

    以上のように、治療方法によって金額は大きく変わってきます。1回の施術料金だけで考えず、長期的な目線でみたときの必要経費なども考慮して医師と一緒に自分に合った治療方法を選ぶことが重要です。

     

    そのためには、AGA治療と自毛植毛の両方を行えるクリニックでの相談をおすすめします。

     

    AGA治療ができる専門クリニックはこちら

     

    更新履歴